リボ払いよりもキャッシング?!

リボ払いはしない方が良い

1回で購入できないように商品やサービスの購入で、リボ払いを利用する人が増えていますが、私はリボ払いはお勧めしない派です。

借金の感覚が薄い

リボ払いは、一定額以上は、毎月同じ額の返済しかしない方法になるので、借りている金額が増えても気づきにくく、借金と言う感覚が薄れてしまうため、収入以上の消費をしてしまう可能性が高くなります。もともと、もっていないお金以上の消費をしてしまうアメリカ社会でうまりた支払い方法ですから、破綻する確率が高い危険な商品の買い方だと思います。
余計に利息を支払う事になりかねない

リボ払いの金利は、14〜15%程度が主流ですので、カードローンのキャッシングの上限金利18%ぐらいと比べるととても安い気がします。しかし、月の返済額を5000円ぐらいから設定することになるので、5万円程度でも1年ぐらいかけて返済することになります。5万円程度であれば、普通は2〜3回で支払える筈だと思いますので、金利に多少差があっても、結局は余計に利息を支払う事にもなります。
無利息を使えば利息は安い

カードローンのキャッシングの方が3%ぐらい金利が高くなることがほとんどですが、30日間無利息などを利用すれば、2ヶ月で返済するのであれば、実質半分の利息しか付かないわけですから、リボ払いにするぐらいならば、カードローンを敷くってキャッシングして現金で購入してしまったほうが安く買ったことになるでしょう。

キャッシングであれば返済日のお知らせなどメールが来ますから、自分が借金している事、いくら借りているかが意識できますから、いつ返済して、いつ完済しているのかも自覚できにくいリボ払いよりも破綻するリスクはずっと少ないと思います。借金は借金と自分で意識してするのか゛正しいのです。

 

すでにリボ払いの残高が多くなって困っている方は、金利の低い銀行のカードローンで借り換えた方がいいです。
リボ払いの借り換えはこちらで詳しく説明されています。

page top