消費者金融で借りるのも否定すべきではない

消費者金融のイメージは悪いの?

消費者金融というと、ちょっと前はサラ金とかいう呼び方もありましたが、イメージがあまり良くないかもしれません。しかし、現在残っている消費者金融は、銀行の系列になっているような大手の金融業社ばかりですので、会社自体はとてもしっかりしています。

かつてのような強引な取り立てなどはありませんし、法律に違反したり、すれすれの行為をしたりするようなことはありません。ですから、CM等でも良く知られた業者で借りる場合、余計な心配はしなくていいと思います。

イメージだけの問題

もちろん消費者金融で借りていると他人に知られれば、悪いイメージを持たれることはあるかもしれません。同じお金を借りるのでも、銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシングよりも、良くないイメージを持たれてしまうかもしれません。

消費者金融にもメリットはある

他人に持たれるイメージというデメリットは決してないとは言えませんが、審査のスピードや使い勝手の良さ、無利息サービスなどを考えれば、借りるという事自体ではメリットが大きいと言えるでしょう。

クレジットカードのキャッシング昨日は外すべき

クレジットカードの場合、すでにキャッシング機能が付いている事が多いので、一番手っ取り早いですが、普段持ち歩くクレジットカードは、紛失やスキャミング被害の確率が高くなりますが、キャッシングされた場合は、殆どが自腹になりますので、キャッシング機能は外しておいた方が安全です。

カードがなくても使える

消費者金融のカードローンの場合は、カードがなくてもスマフォなどを利用して自分の口座にネットキャッシングできるという便利さもありますので、キャッシングをよく利用するのであれば、クレジットカードよりもカードローンでのキャッシングがおすすめです。

銀行のカードローンの保証は消費者金融系

実は、銀行のカードローンの審査をしているのは、その多くが消費者金融の会社だったりします。たとえば、三井住友銀行のカードローンの保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンスというプロミスのサービスを行っている会社ですし、三菱東京UFJ銀行のカードローンは、アコムだったりします。このように消費者金融のカードローン会社が銀行のカードローンの保証と、そのための審査を行っているという事は、今の大手の消費者金融は、基本的に銀行と同じような信用力があると考えていいと思います。

page top