給料日まだ借りるだけならば、金利よりもスピードと無利息期間の利用だ。

給料日前だけ借りて直ぐ返す場合

給料日は近いんだけれど、給料日まで現金が持ちそうにもないという場合。

このような状況は、社会人になりたての人に多いと思いますが、最近はそうでない人も結構いるのかな。自分は、社会人なり立てで、そういう事が良くあった。まあそれはずいぶん昔の話で、今のような便利なキャッシングは無かったので、親に借りたいした。
今はちょっとキャッシングするだけならば、クレジットカードでもキャッシング機能が付いているのもあるし、いくらでも方法がある。
でも、無駄に金利を払うことなく、利息なしでキャッシングできるローンカードがあるのだから、それを使わない手はない。
ただ、たいていどれも初めて利用する場合なので、利息なしで借りられるのは3回ぐらいかな。具体的にいうと、プロミス、アコム、カードローン といったキャッシングならは、初めての利用で30日間は利息が付かない。(プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
金利だけでいうと、無利息期間がない銀行のカードローンの方が金利は低いので、長い間借りる場合は、もちろんそちらの方がいい。
ただし、カードローン の場合5万円ならば180日間無利息というものもある。
まあ給料日前に借りて、給料をもらったら直ぐ完済するという場合、申込から審査までが素早い、ノンバンクの方が手間がなくていいだろう。

繰返しキャッシングするならば銀行のカードローンがいい

5万円程度でなく、10万、20万とか借りる必要もある場合は、最初から銀行のカードローンを作ってしまったほうがいい。金利も低いですし、申込の際に50万円を超える限度額の申込みをする時に収入証明の提出不要のカードローンもたくさんあるので、申込の手間も少なくて済みますし、複数のカードローンを使うより、管理もし易いです。

もし、急いでいてノンバンクのカードを既に作っているのならば、完済したら一回カードを返却したほうがいいでしょう。
銀行のカードローンの審査を受ける時には、ノンバンクのカードローンを持っていない方がいいからです。
カードローンというのは、借りていなくてもキャッシング枠があるので、審査時に借りているのと同じ判断がされてしまうのです。
50万円の限度額のカードローンを持っていれば、1円も借りていなくても、50万円借りているのと同じ審査になります。
ですから、銀行のカードローンの申込みをするのであれば、一旦、ノンバンクの方は返してしまったほうが有利です。もちろん年収からして、別に問題ない程度の限度額で持っているのであれば審査に通らない事はないと思いますが、使っていないのならば解約しておいた方が良いわけです。どうしても必要になればまた申込すればいいですからね。

 

ページ上へ戻る | HOME

page top