上限金利で選ぶ5万円キャッシング

何度も5万円キャッシングするならば

どこのカードローンも無利息というのは、初めて利用する際にしか使えません。(プロミスはポイントを貯めることで再度利用できる機会があります)ですから、繰り返し5万円程度のキャッシングをする機会が多い方は、出来るだけ金利の低いカードローンを作っておくべきでしょう。

カードローンの金利を比較する時に注意したいのが、金利の幅です。たいてい最低%〜最高%と表示されているはずです。この最低金利は、一番限度額が多い借入で、信用度が高い人に与えられる低い金利です。5万円程度の借入では、限度額が50万円未満(10万とか20万とか)で申込をすることになりますので、通常は上限の金利が適用されるはずです。
ですから、上限の金利がより低いところを選んだ方が、利息の支払いが少なくて済むことになるでしょう。

上限金利でカードローンを比較

こちらは2015年8月調査時の金利ですので、最新のデータはご自身でご確認ください。カードローンの金利は殆どが変動金利ですので、変更されている場合があります。

  カードローン 下限金利 上限金利 最低限度額 最高項限度額 所得証明書 審査時間
りそな銀行プレミアムカードローン 3.500% 12.475% 50万円 800万円 300万円以下原則不要 最短1日
ソニー銀行カードローン 2.5% 13.8% 10万円 800万円 300万円以下原則不要 最短60分
イオン銀行カードローンBIG 3.8% 13.8% 30万円 800万円 300万円以下原則不要 最短即日
みずほ銀行カードローン 4.0% 14.0% 10万円 1000万円 200万円まで原則不要 最短即日
オリックス銀行カードローン 3.0% 17.8% 10万円 800万円 300万円以下原則不要 最短即日
プロミス 4.5% 17.8% 1万円 500万円 50万円まで原則不要 最短30分
金利を比較してみて分かったこと

現在の利息制限法では、10万円未満年率は20.0%が最高で、10〜100万円未満の年率18.0%が差う濃いとなっています。上限金利18%となっているところはこの表には加えませんでした。

ノンバンク大手では、18%よりも低いのは、プロミスぐらいしかないようですね。銀行でも18%のところもあります。
地方銀行では、もっと低い上限金利の所もありますが、限られた地域の方しか申込めないところがほとんどなので除外しました。
このように比較してみると、りそな銀行がかなり上限金利が低いことが分かります。りそな銀行は、このプレミアムカードローンと別に、クイックカードローンというものもあり、こちらも金利は12.475%になります。
クイックの方は、30万円〜100万円までの限度額になりますが、年収や勤続年数の条件が無く、申込みやすいタイプになりますが、金利は限度額に関係なく、12.475%になるようです。(調査時の変動金利のため現況と異なる場合があります)

page top