銀行、ノンバンクのカードローンどちらがいいのか?

銀行カードローンとノンバンクカード―ンの違い

銀行のカードローンとは、銀行そのものが消費者向けのキャッシング商品として出している極度型個人向けのカードローンで、ノンバンクカードローンとは、それ以外のカードローンのことです。

ただし、ノンバンクといっても、銀行の子会社、グループ会社のカードローンもありますので、紛らわしいものもあるかもしれません。
基本的にノンバンクのカードローンを作る場合は、銀行系列の大手のカードローンを作るべきで、名まえの知らないようなノンバンクのカードローンはあまりお勧めできません。
CMでも有名な大手の名の知られたカードローンか銀行のカードローンの二つの大まかな選択肢と考えるといいと思います。

最大の違いは?

両者の最大の違いは、銀行のカードローンには貸金業法上の総量規制はありませんが、ノンバンクはその制限を受けるので、年収の3分の1以上の借入は法的に出来ないということです。ただし、年収の3分の1超えて貸してもらえるかどうかは審査次第ですから、銀行ならば総量規制以上を借りられるというわけではありません。

審査基準の厳しさの違いは?

預金者から預かったお金を運用している銀行は当然リスクを抑えて運用しますから、貸し出しにもリスクを極力抑えるわけですから、審査の基準はノンバンクよりも厳しくなります。
ですから、総量規制を受けない銀行ですが、総量規制を超えてる借入が法的に可能であったとしても、審査に通るかどうかは別のことですので、銀行ならば年収の3分の1以上でも借りられると簡単に思ってはいけません。
ただし以前と比べると銀行も個人の消費向け金融サービスに力を入れてきていますから、申込の敷居は低くなっていると思いますので金利で有利な銀行のカードローンも選択肢にしないのは損です。

申込手続きの簡易さは?

以前はノンバンクの方が圧倒的に申込手続きが簡単でしたが、今は、銀行もネットだけで申込できるところがほとんどで、申込はノンバンクのカードローンも銀行のカードローンの簡単手間なしになってきています。
50万円を超える限度額のカードローンを申込みする場合、貸金業法で規制されるノンバンクは、収入証明書が必要になるので、申込の手続は銀行の方が簡単ともいえます。

キャッシングまでの速さは?

銀行も審査からカード発行まで速くなりましたが、やはりアコム、プロミスといった大手のノンバンクの方が審査からキャッシングできるようになるまでは早いでしょう。ただ、一部の銀行カードローン、例えばカードローン などは即日融資に対応していますので、銀行のカードローンでも早いところは存在しています。

金利の低さで比較すると?

多くの場合、銀行のカードローンの方が金利が低い傾向にあります。ただし、カードローン は無利息期間があるせいか、100万円未満15.0%〜18.0%と銀行にしては金利がそんなに低くありません。逆にノンバンクカードローンであるプロミスの方が4.5%〜17.8% と金利が低くなります。5万円のように少額を借りる場合は、上限金利になりますから、アコムやアイフルの18.0%の上限金利より、プロミスの方が有利と言えるでしょう。

使い勝手の良さは?

銀行もノンバンクも殆どのカードローンがコンビニや提携ATMがたくさんあるので、ATMでのキャッシングの使い勝手はそうは変わらないでしょう。またネットキャッシング(振込融資)も大抵のカードローンが対応していますが、銀行のカードローンの一部ではネットキャッシングがないところ、また同行のネットバンク口座にしかネットキャッシング(振込融資)できないところもあるので申込前に確認が必要です。
銀行にしかないサービスとして、自動融資といって、同行の口座の残高が足りなくて引き落としができなかった場合、自動的に口座に融資がされるというものがあります。
また土日休日など金融機関の休日でもネットキャッシングする必要がある人であれば三井住友銀行・ジャパンネット銀行であれば休日でも振込キャッシングできるプロミスが便利です。

5万円だけ借りるならばどちらが有利?

半年以内で完済する、また追加で借りる予定もないのであれば、新規申込みで30日間無利息期間がもらえるノンバンクがいいでしょう。ただし、その後も何度も使う予定があるのであれば、無利息期間を使い切ったら、銀行のカードローンに申し込みをするという方法もいいでしょう。もし6か月間5万円だけ借りるのでしたら、初めての利用者限定の180日間5万円まで無利息というサービスがあるカードローン が有利でしょう。ただし、無利息期間終了後は、ノンバンクと指して変わらない金利になりますので、注意が必要ですね。
給料日前に繰り返し使うなどするのであれば、使うほどポイントがたまって、それを手数料や新たな無利息期間に変えられるプロミスが一番よさそうです。

 

プロミス

 


page top